犬 マラセチア 治療

マラセチアにかかってしまうととても厄介です。
ですが、時間はかかりますが、ちゃんと治すことはできますので安心してください。

 

ただし、小まめに処置してあげることは必要です。
正しい知識を知ってしっかりと治療してあげてください。

 

マラセチアの治療はカビを取り除くことがまず、一番大切なポイントになります。
その為に、こまめなシャンプーは必須です。
また、マラセチアはとても再発率が高い皮膚病なので、治った後も小まめにシャンプーしてあげる必要があります。

 

マラセチアが厄介な一番の原因はマラセチアの繁殖です。
逆に言えばマラセチアが繁殖できないような環境に整えることで自然に問題は解決していきます。

マラセチアが繁殖する原因とは?

皮膚の皮脂

マラセチアはワンちゃんの皮膚の皮脂を栄養分にして繁殖します。
その為に、脂っぽい皮膚の体質のワンちゃんはマラセチアにかかる可能性が高くなります。
「脂漏症」と呼ばれる体質の場合は特に注意が必要です。

湿気

マラセチアは湿気を好みます。
その為に、耳の中がジメジメしているような環境は最も危険な状態です。
シャンプーした後などは特に注意しましょう。
きちんと水分を拭き取るようにします。
また雨の日の散歩、湿気の多い季節なども同様です。
できるだけ耳の中を含め、湿気でジメジメした状態にならないようにしましょう。

アレルギー

アレルギー体質でも大きな原因の一つです。
アレルギー体質の子は皮膚が弱く、マラセチアに対しての抵抗力が低いからです。
このような子は耳の中だけではなく、皮膚炎を起こす可能性が高くなります。
体質は急には改善できませんが、食事やサプリメントに気を遣い、体質を改善していくことはとても大切です。

マラセチアの治療は?

シャンプー

マラセチアを治療するのに一番大切な事はまず、マラセチアが繁殖しない環境に改善することです。
その為にはシャンプーを定期的にする事はとても大切です。

 

ドッグフード

マラセチアはフードが大きく関係しています。
と言うのはマラセチア菌が異常繁殖する原因は免疫力の低下が原因だからです。
安価なドッグフードには添加物や保存料が大量に使われ、また材料にも副産物や栄養のない増量剤が使われているからです。
その為に、ドッグフードを良質の物に変えるだけでマラセチアが治る事が少なくありません。

 

サプリメント

マラセチアの症状が酷くなる原因の一つが抵抗力の低下です。
抵抗力が強くなれば自然とマラセチアのトラブルは解消されていきます。
その為には体質を改善してくれるサプリメントを利用する事はとても効果的です。

 

犬 マラセチア 治療記事一覧

犬のマラセチアの治し方犬のマラセチアの原因はマラセチアと呼ばれる常在菌です。本来は悪さをしないマラセチア菌が免疫力の低下などで異常に繁殖してしまった結果がマラセチアの症状です。ですので、治し方としてはまず、最も大切な事はマラセチア菌の繁殖を抑える事です。マラセチア菌の繁殖を抑えるにはいくつかの方法がありますのでご紹介します。マラセチア用のシャンプーを使って清潔にするマラセチア用のシャンプーを週に2...

マラセチアは本来は常在菌の一つです。特に悪さをする菌ではありません。ところが、必要以上に繁殖するとさまざまなトラブルを起こします。繁殖する大きな原因がワンちゃんの抵抗力の低下です。この問題を解決するには体質の改善がとても重要になります。体質を改善することは一朝一夕にできるような簡単な事ではありませんが、長い目で見るととても大切な事です。ぜひ、早めに取り組んであげてください。快質改善をするには普段の...

マラセチアを患うとまず、必要な治療はマラセチア酵母菌の異常繁殖を抑える必要があります。マラセチアの治療のポイントは大きく2つ。一つはシャンプーで清潔にして菌の増殖を防ぐ事。そして、もう一つは抗生剤を使って菌の増殖を防ぐ事。抗生剤には内服する物と塗り薬があります。これだけだと特に問題はないのですが、実は一つ注意するべきことがあります。それはアトピー性皮膚炎を持っている場合です。この2つを同時に改善し...

サニタリオという消臭ミストがマラセチアにも効果があるようです。サニタリオは光のエネルギーで有機物や最近を分解してくれるものなんですが、抗菌、除菌効果もあります。塩素、アルコール、防腐剤、界面活性剤などが含まれていない、自然の原料から作られているので人にもワンちゃんにも無害です。使い方もとても簡単です。気になる部分にスプレーでシュッと吹きかけるだけです。マラセチアだけではなく、消臭効果や虫歯や歯周病...

ワンちゃんのマラセチアを治す塗り薬をお探しなら、これがおすすめです。ケトコナゾールクリーム幅広い効果のある抗真菌軟膏です。マラセチアだけではなく、ブラストミセス症、ヒストプラズマ症、イースト感染、皮膚糸状 菌(犬、猫)が、ケトコナゾールにより扱われる感染症です。⇒ケトコナゾールクリーム使い方も簡単で1日に1回適量を患部に塗るだけです。マラセチアは現状の症状を改善することもとても大切ですが、予防がと...

愛犬のマラセチアを完治させる為には?ワンちゃんのマラセチアを完治させるには?マラセチアは完治するのが非常に難しい病気だと言われています。治ったように見えて、薬を減らしたり、使わないようにするとまた、再発。ひどくなってきたら、通院または薬を使って治療。これを何年も繰り返しているというワンちゃんがたくさんいます。ただ、全てのワンちゃんがこのように長く症状が続くのかと言うと、そうではありません。中には完...

マラセチアにかかると治療にはまずはシャンプーがとても重要になります。マラセチア菌は皮脂をとても好み、餌にして繁殖します。その為に、マラセチア菌が好む環境を改善する必要があります。それにはこまめにシャンプーして清潔にする事、これが1番大切です。ただ、繁殖がひどい場合には塗り薬と併用するのがとても効果的です。そんな時にオススメなのはこちらのケトコナゾールクリーム。真菌にとても効果のある抗真菌薬「ケトコ...

犬のマラセチアと言えばその多くは耳に繁殖します。ですが、耳以外に繁殖することもあります。その1つが肉球。肉球にマラセチア菌が繁殖すると指間皮膚炎を引き起こします。赤くなり、とても痒がります。その為に、舐めて、より繁殖が酷くなる悪循環に陥ります。ひどくなると化膿し毛が抜け、場合によっては、痛くて歩けなくなることもあるので注意が必要です。もし、肉球の指間皮膚炎でお困りの場合はこちらが良いです。足ピカア...

犬がマラセチアにかかると間違いなくと言って良いほど、外耳炎になります。これはマラセチア菌は高温、多湿を好み、垢や皮脂を餌にして繁殖するからです。耳の中はマラセチア菌にとっては特にお気に入りの場所という訳です。マラセチア菌は真菌の一種なのでとても頑固です。その為に、抗真菌剤でないと効果が期待できません。おすすめはこちらです。⇒ ミミィーナ 5mL(動物用医薬品)抗真菌剤の入った点耳薬でマラセチアにも...

犬のマラセチアを調べていると「バイオチャレンジ」と言う商品が出てきます。こちら。⇒ バイオチャレンジ 500ml スプレーマラセチアにも効果があるような記事を目にする事もありますが、これはあくまでも消臭レベルであってもマラセチアに効果があるとは思えません。と言うのはバイオチャレンジの主成分は「安定化二酸化塩素」とありますが、実は安定化二酸化塩素とは商業上作られた言葉で科学的にはこのような成分は存在...

犬のマラセチアに効果があると言われる「ドルバロン」抗真菌作用を持っているナイスタチンが含まれています。また、抗菌作用を持つ「チオストレプトン」も含まれているのでマラセチアにも効果が期待できるでしょう。ただ、残念な事にこの「ドルバロン」が最近手に入らなくなってしまっています。楽天やAmazonでは「売り切れ」または取り扱いがない状態です。ではドルバロンに変わる薬は?と言うと、こちら。幅広い効果のある...

犬のマラセチアを治すには飲み薬もあります。こちらです。⇒ イトラコナゾール100mg15カプセルこのイトラコナゾールは経口の抗真菌薬です。犬にも猫にも使用できて、真菌の成長を妨げるのでマラセチアや猫のクリストコップス症などに効果があります。イトラコナゾールは飲む量が体重によって変わります。また、症状によって投与する量が変わるので注意が必要です。例)犬 体重0.45kgあたりにつき2.5mgを投与。...

マラセチア菌はワンちゃん達の垢を餌に繁殖します。その為に、垢が溜まりやすい場所は菌が繁殖しやすい場所です。ですから、マラセチア菌を退治するには繁殖しやすい場所を清潔にする必要があります。では、垢が溜まりやすい場所とは?一番は耳の中です。マラセチアになると外耳炎を併発する事が非常に多いのですが、これはマラセチア菌による影響がとても大きいのです。ですから、マラセチアにかかってしまったら、耳の中をまず、...

マラセチアの治療に塗り薬をお探しの場合は「ヒビクス軟膏」を使うのも良いと思います。こちらです。⇒ ヒビクス軟膏 7.5mLヒビクス軟膏の効果、効能がこちら。「急性・慢性湿疹、外耳炎、細菌性・真菌性皮膚炎」ご覧のように真菌が原因の皮膚炎にも効果がありますので、マラセチアにもとても効果的です。ワンちゃんがひどく痒がるようだったら、シャンプーと並行してこちらも使ってみてはいかがでしょう。ただ、マラセチア...

ニゾラル2パーセントクリームはケトコナゾールが2%配合されている塗り薬です。感染症に効果的な塗り薬です。ケトコナゾールは抗真菌薬なのでマラセチアにも効果がかなり期待できます。ワンちゃんでも猫ちゃんでもどちらでも大丈夫です。非常に幅広い効果が期待できる抗真菌薬なのでマラセチア以外にもブラストミセス症、ヒストプラズマ症、イースト感染、皮膚糸状 菌(犬、猫)、副腎からのコルチゾンの過剰生産に伴う症状(ク...