マラセチアの犬の食事は?

マラセチアを患っているワンちゃんにとって食事はとても大切です。
食事によって症状が軽減する事はもちろんの事、場合によっては完治してしまうからです。

 

ほとんどの場合、ドッグフードをやめて正しい手作り食に変えると大半のワンちゃん達のマラセチアは治ってしまうのです。
この理由は大きく2つあります。

マラセチアは脂質を好む

マラセチアの原因である真菌は皮脂を好みます。
皮脂がたくさん分泌されるとそれを餌に繁殖するのです。
その為に、脂肪分の多い食事や酸化した脂質を与えないようにする必要があります。
これらの食事は皮脂の分泌量を増やしてしまうからです。

免疫力をあげる

正しい手作り食を食べさせるとマラセチアが治す大きな理由はワンちゃんの免疫力が向上するからです。
そもそもマラセチアは常在菌で存在自体が悪い事ではありません。
免疫力が低下した為に、異常に繁殖した結果がマラセチアの症状です。
つまり、免疫力が向上すればマラセチアの症状は自ずとなくなっていくのです。

 

では、どうして免疫力が低下してしまうのか?
その理由は簡単です。
ドッグフードが原因です。
ごく一部の良質なドッグフードを除きほとんどのドッグフードには添加物や保存料、またはレンダリングなどによって作られた非常に危険な材料が使われています。
ぜひ、今食べさせているドッグフードの材料の一つ一つをチェックしてみてください。
非常に危険な物が大量に含まれている事がわかります。
このようなドッグフードを食事としている為に、免疫力が低下してしまっているのです。

 

【参考】 ドッグフードに含まれている危険な成分

 

つまり、逆に言えばドッグフードを止める事で免疫力をあげる事ができると言う訳です。
これが手作り食に変えればマラセチアが治る理由です。

 

ただ、現実的には毎日手作り食を作る事は飼い主さんにとってもなかなか難しいことなので、せめて添加物や保存料が含まれていない良質なドッグフードを選んであげてほしいと思います。

 

【参考サイト】 おすすめドッグフード

マラセチアにおすすめのシャンプーは?

マラセブ

犬のマラセチア皮膚炎を治療するためのシャンプーです。
皮膚炎の原因である細菌や真菌を死滅させる効果を持っています。
皮膚が弱い子にも好評です。


⇒ マラセブ 詳細

マラセチアにおすすめのドッグフードは?

カナガンドッグフード

愛犬の免疫力を上げるならドッグフード選びはとても大切です。
保存料や添加物が入っている物は徐々に愛犬の体を弱めていきます。
ぜひ、無添加、またできればグレインフリーの物を選んであげてくださいね。
ちなみにおすすめは「カナガンドッグフード」です。
チキンが主原料でもちろん、完全無添加、グレインフリーです。
コストパフォーマンスも抜群です。
マラセチアには一番おすすめです。

⇒ カナガンドッグフード 公式ページ

マラセチアにおすすめのサプリメントは?

ずっと一緒だワン

酵素と乳酸菌でワンちゃんの腸内環境を改善してくれるサプリメントです。
マラセチアだけではなく、アレルギーなどの免疫力が低下しているワンちゃんの特徴は腸内環境のバランスが崩れている事です。
善玉菌が減少し、悪玉菌が増えすぎています。

そこで善玉菌を増やすことで、腸内環境を改善すると免疫力が向上し、様々な健康効果が期待できます。
この「ずっと一緒だワン」にはスプーン1さじに400億の乳酸菌が凝縮されています。
また、熱や酸に強い特許を取得している酵素「エンザミン」が配合されており、腸内環境を整えるには一番おすすめのサプリメントです。
初回は500円で購入できるので初めての方でも試しやすいです。

⇒ ずっと一緒だワン

マラセチアの犬の食事は?関連ページ

犬 マラセチア うつる
犬のマラセチアはうつるの?そんな疑問にお答えします
犬 マラセチア 匂い
犬のマラセチアは匂いでもある程度分かることができます。
犬 マラセチア 耳
犬のマラセチアは耳にトラブルを起こすことが非常に多いです
犬 マラセチア フード
犬のマラセチアにはフードにも気を使ってあげてくださいね。
マラセチアを発症しやすい犬種
マラセチアを発症しやすい犬種について紹介しています。
犬が耳を痒がったら?
犬が耳を痒がったら?その時はマラセチアになっている可能性があります。
犬が脇の下を痒がったら?
犬が脇の下を痒がったら、マラセチアが繁殖している可能性があります。一度専門家に見てもらいましょう。
犬のマラセチアの予防は?
犬のマラセチアの予防について。
犬がマラセチアを発症しやすい場所は?
犬のマラセチアを発症しやすい場所について
犬のマラセチアは外耳炎に注意
犬のマラセチアは外耳炎を引き起こしやすいので要注意です。
犬のマラセチアが皮膚炎を起こす
犬のマラセチアは免疫が下がると皮膚炎を起こす事があります。
犬の脂漏症
犬の脂漏症について