犬 マラセチア

愛犬がマラセチアでお悩みの方は多いと思います。
特に日本ではシーズーを飼っている方に多いようです。

 

マラセチアはとてもしつこい症状ですが、安心してください。
少し時間はかかりますが、ちゃんとケアして上げれば必ず治ります。

 

その為にも本当の原因や改善法を知って正しいケアをしてあげてくださいね。

 

マラセチアはカビ(酵母菌)の一種。
ただ、カビの一種と言っても本来はワンちゃんの皮膚や耳の中、口の周り、肛門、膣などに普通に存在する物です。

 

ですから、特別な物ではありません。
ところが、ワンちゃんの抵抗力が落ち、また、繁殖に適した状態になると必要以上に繁殖します。

 

これが原因で外耳炎や皮膚炎になってしまいます。
特に外耳炎の70%〜80%はマラセチアが関係していると言われるほどなので、外耳炎の場合はマラセチアを疑うべきですね。

 

先程も言ったようにマラセチアはカビの一種です。
カビと言えば人間の場合は水虫も同じようにカビの一種ですね。

 

水虫になるととても痒いのは一番の症状です。
マラセチアもこれと同じく痒くなるのが一番の症状。

 

マラセチアが耳の中で繁殖すると耳をとても痒がります。
耳の中を見てみると、黒い茶色の独特の匂いがする耳垢が溜まっていると思います。

 

これがマラセチアにかかっているワンちゃんの一番の特徴です。

 

また、厄介なのはマラセチアの痒さの為に引っ掻いた傷から細菌が入り込み、炎症を起こしたりすることです。
こうなるとマラセチアだけではなく、別の病気になる可能性も出てきます。

 

そんな事にならないように早急に処置してあげてくださいね。

犬 マラセチア記事一覧

「犬のマラセチアはうつるの?」こんな心配をお持ちの方は多いと思います。幼いお子様や赤ちゃんがおられるご家族の方は特に心配されると思います。ここではそんな疑問にお答えしたいと思います。実はマラセチアは犬だけではなく、人間にも発症する事がある皮膚病の一種。原因はカビによる物です。このカビはいわゆる常在菌と呼ばれる物で、誰の皮膚にも元々存在します。ただ、体調が弱くなったり、免疫が弱くなったりすると必要以...

マラセチアになると独特の匂いを発するようになります。ですので、マラセチアは匂いでもある程度、把握する事ができます。マラセチアは常在菌である「マラセチア真菌」が異常に増殖する事で発症しますが、通常通りであれば特に匂いが臭くなる事はありません。ですが、増殖すると発酵臭のような独特の匂いを発するようになります。特に注意するのは耳垢です。耳垢が焦げ茶色または黒色で発酵臭のような匂いがするようであればマラセ...

マラセチアを発症すると耳にトラブルを抱えることがとても多くなります。特に外耳炎を引き起こすことがとても多く、また再発する事が非常に多いのが特徴的です。ですので飼い主の皆さんはワンちゃん達が首を振ったり、痒がったりする仕草を頻繁にするようになったらマラセチアの可能性がありますので、注意してあげて欲しいと思います。ちなみにマラセチアが外耳炎を引き起こすのはマラセチア自体が原因ではないと言われています。...

犬のマラセチアは常在菌なので、本来はワンちゃんの体にいても特に問題はないはずなんですね。ですが、ワンちゃんの免疫力が下がって、菌が異常繁殖するといろいろ悪さをしてトラブルが発生するわけです。ですから、治療としては、まずはシャンプーなどでマラセチアの菌の繁殖を抑える事が必要です。ですが、それはあくまでも一時的な治療で本来するべき事はワンチャンの免疫が下がっている理由を探り、免疫力を上げる事が大切です...

マラセチアは本来、常在菌であるマラセチア酵母菌の繁殖が原因です。その為にマラセチア酵母菌が繁殖しやすい犬種はマラセチアを発症しやすい傾向があります。また、マラセチア酵母菌はフケや垢を栄養源に繁殖しますので、フケや垢がたまりやすい犬種はマラセチアに注意する必要があります。比較的しわの多い犬種はしわの間にフケや垢がたまりやすくなります。その為に、このような犬種を飼っている飼い主さんは特に清潔に保つよう...

マラセチアを患っているワンちゃんにとって食事はとても大切です。食事によって症状が軽減する事はもちろんの事、場合によっては完治してしまうからです。ほとんどの場合、ドッグフードをやめて正しい手作り食に変えると大半のワンちゃん達のマラセチアは治ってしまうのです。この理由は大きく2つあります。マラセチアは脂質を好むマラセチアの原因である真菌は皮脂を好みます。皮脂がたくさん分泌されるとそれを餌に繁殖するので...

愛犬が耳を痒がったらマラセチアを疑う必要があります。また、それが原因で外耳炎、内耳炎、耳ダニなどを起こしている可能性もあります。まずは一度獣医さんに診察してもらうのがおすすめです。ちなみに、マラセチアはマラセチア菌と呼ばれる菌が繁殖する事で発症する病気ですが、本来、マラセチア菌は常在菌なので、その存在そのものに問題がある訳ではありません。ただ、抵抗力が弱くなると異常に繁殖し、それが悪さをする訳です...

犬が脇の下を痒がったらマラセチアにかかっている可能性があります。マラセチアはマラセチア菌と言う真菌の一種が異常繁殖している状態です。なかなか自然治癒が難しいので、放置しておくと厄介です。外耳炎や酷い炎症などを起こす可能性もあります。早急に専門家に診てもらうようにしましょう。マラセチアはシャンプーで清潔にする事、または塗り薬が主な治療法ですが、まれに薬を服用することもあるようです。いずれにしても、そ...

愛犬のマラセチアを予防するにはマラセチアは真菌の一種であるマラセチア菌の異常繁殖によって引き起こされます。残念ながら、繁殖してしまったら、菌を死滅させ繁殖を抑える為の処置を施す必要がありますが、普段からマラセチア菌が異常繁殖しないように予防することも大切です。ここではその予防のポイントについてご紹介します。湿気対策マラセチアはカビの一種なので高温多湿の環境を好みます。特に梅雨などのシーズンには注意...

マラセチア菌は高温多湿の環境を好みます。また、皮脂を餌にするので垢がたまりやすい場所は特に繁殖しやすいです。では、マラセチアが繁殖しやすい場所は?下記に紹介する場所は特に繁殖しやすい場所です。愛犬がその部分を痒がっている仕草を見せたら特に注意してあげてくださいね。・耳・口周り・首・脇の下・下腹部・陰部周辺

犬の外耳炎は一度なってしまうとなかなか治らない頑固な病気です。特にマラセチアによる外耳炎は完治が難しいと考えられています。ちなみに外耳炎を起こす70〜80%はマラセチアによる物だと言われています。マラセチアによる外耳炎になってしまった場合は茶褐色で独特の匂いがする耳垢がたまるようになります。また、耳を非常に痒がります。この痒みの為に、ワンちゃんが掻きむしり、皮膚が傷ついて二次感染を起こす危険もある...

マラセチアは本来、真菌の一種の事を言います。真菌とはかびの一種で、水虫の菌と非常によく似ています。とは言う物の、実はマラセチアは常在菌で、ほとんどすべての犬達の皮膚に存在する菌です。通常、その犬が健康で免疫力が高ければ、この菌が悪さをする事はありません。ところが、免疫力が下がり、バランスが崩れるとマラセチアが異常繁殖します。このような状態をマラセチアと一般的に読んでいます。マラセチアは先ほど言った...

病院に行くと「脂漏症」と診断される事があります。これはマラセチア皮膚炎の事です。名前は違いますが、原因、症状は同じです。常在菌である、マラセチア菌が異常に繁殖している状態です。体が脂っぽくベトつき、フケがたくさんでるようになります。また、独特の臭いを発するようになります。痒みを伴うので、掻きむしって、皮膚を傷つける事も少なくありません。ひどくなると体液が出てきたり、また、その傷からばい菌などが感染...